FC2ブログ
2011
11.15

温泉に行ってきた。

Category: 日常
疲れが溜まって毎日ヘロヘロだったので日帰り温泉へ行くことにしました。

天山とゆらり、どちらに行こうか迷いましたが天山は紅葉の時期で道が混みそうとの理由で
今回は久しぶりにゆらりへ行くことにしました。

富士山が近いからとデジイチを準備していたのに車に乗せ忘れたK君。

ブログの写真が撮れないじゃん!

気持ちを切り替えいざゆらりへ。

http://www.fuji-yurari.jp/index.php

私はここの洞窟風呂が好きなのですが、今回のメインは砂風呂です。

指宿で波打ち際の砂風呂を体験してとても良かったので久しぶりに砂の重みを感じたいと思い入りました。

厚手の専用浴衣を着て砂の上に寝るとシャベルで手際よく砂をかけられていきます。
砂の重さは約20キロだそうで適度な圧迫感が気持ちいいです。
20分間の入浴になりますが15分はウツラウツラとあっという間に過ぎましたが
底からの5分が長い長い!
もうギブと係員のおじさんをチラ見しましたがもう少しの辛抱と言い聞かせ
5分間待ちました。

砂風呂から上がるとおじさんがほうきで砂を払ってくれて塩分補給にと
梅干しをくれました。
あとはシャワーで砂を流して普通の温泉に入りました。

お気に入りの洞窟風呂と露天風呂を存分に堪能しました。
五右衛門風呂からは富士山も見ることが出来ます。

マッパになって富士山なんて開放的です。

温泉から出ると毒気が抜けたようで体が随分楽になりました。

K君のほうが長風呂のため用意してあったマンガ「君に届け」を読んで待っていました。



K君と合流後お腹が減ったというので隣の道の駅に行くことにしました。

いきなりすると丁度駐車した前にこんな建物が。

http://www.eigado-group.com/store/narusawa/

富士山博物館!?
建物の前には大きな天然石が置いてあってパワーをくれるようです。
入場無料とあったので寄ってみるとこれが意外に面白い!

恐竜展を越えたティラノサウルスがいたり富士山の歴史のDVDが見られたり
いろんな種類の石の原石が見られたりと興味深々。
樹海の巨大な花崗岩もありました。

でもお腹の減っている私たちはさきをいそぐことに。でも気になるのは最初にチラ見した天然石のお店。
ミュージアムショップと銘打ったお土産屋さんへ直行しました。

そこには部屋に飾るような磨かれた石、数十万から二百万円するような石が何気に置かれていたり、
ブレスレットやお守りにできそうな数百円の石までたっくさんありました。

以前水晶のクラスターが欲しくてネットで探したりもしましたがピンと来るものがなかったり
売り切れとかが続いてなかばあきらめていました。

店内を一周するうちにK君が気に入ったのがあれば買っていいヨと言ってくれたので真剣に探すことに。

K君はこれ綺麗だね。いいんじゃない?というので
ひとつは天然石も入ったサンキャッチャーを買う事に。
聞きたいいことがあったのでお店の人に話を聞いたらとても相談しやすい方だったので
水晶の選び方をきいてみました。
やはり天然石は同じものが一つとないので出会いとピンと来るものが大切で
クラスターを置く人もいれば球形のを買う人もいますとのこと。
あちらのウインドウにあるからお見せしますというので付いて行くことにしました。

そのウインドウはお店のコーナーにありました。
大小さまざまな球形の水晶があります。未来が見えそう!?な水晶です。
一番高い水晶を見せていただきました。とても透明度が高くて綺麗です。
そのウインドウを上から下まで見てみると下段の一番奥にあった水晶に目が止まりました。
お店の方に言って出してもらうと私の手のひらサイズでしっくりきます。
似たのがもう一つあってそちらも見せていただきましたがやはり先に選んだものの方が
私好みだったですし、なによりこれだっと思う何かがありましたので
その石を買おうかな?とおもったらお店の方がお勉強しますよと言ってくださいました。
衝動買いにしては高価でしたがとても気に入ったのでその水晶を買う事にしました。

resize3978.jpg

サンキャッチャーと水晶ですが、水晶は大きな氷砂糖みたいですね。


サンキャッチャーは南側の窓につるすことにしました。

するとアラン君とジェイ君は


resize3985.jpgどこにあるのか分からないっ!

興味深げに見つめています。

二人とも「あれなにかなぁ?」resize3987.jpg届かないよ~。

resize3995.jpgジェイ君はリトライ。

resize3990.jpg

ジェイ君:僕頑張ったのにとどかなかったんだよ!

アラン君:・・・(無関心)


楽しい秋の休日でした。


************************************************************************

読んでくださってありがとうございます。
アラン君とジェイ君にポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
back-to-top