2017
04.03

春の京都旅 最終日 仏像巡り

Category: 旅行
春の京都旅最終日は大阪在住の高校時代のクラスメイトTちゃんと
八条口で待ち合わせで始まりました。

Tちゃんのリクエストは仏像巡り。
最近仏像に目覚めたそうで興味津々とこのこと。
それを踏まえてプランニングしました。

手始めに八条口から東寺まで歩きました。
初日の夜に行きましたが大好きなので何度でも行ってしまいます。

ここでおそろいの手ぬぐいを買いました。
般若心経を絵で表している面白いデザインです。

20172017 Markyoto Jeremy (1 - 49)_Re
20172017 Markyoto Jeremy (2 - 49)_Re
20172017 Markyoto Jeremy (3 - 49)_Re

御影堂は修理中でした。
宝物館も見どころ満載です。


こちらは東寺の塔頭、観智院。
剣豪宮本武蔵の襖絵があります。

20172017 Markyoto Jeremy (5 - 49)_Re




20172017 Markyoto Jeremy (6 - 49)_Re



ここからバスで四条大宮まで出て嵐電で広隆寺に向かいます。
言わずと知れた弥勒菩薩半跏思惟像で有名なのですが
国宝、重要文化財の仏像をたくさん見ることが出来ます。

20172017 Markyoto Jeremy (7 - 49)_Re

Tちゃんは初めて来たらしくとってもいいところと喜んでくれました。


お昼も過ぎていたので北野天満宮に寄った後
上七軒の老松で和菓子をお土産に買い
お蕎麦をいただいた後、同僚おすすめの千本釈迦堂に立ち寄りました。

20172017 Markyoto Jeremy (8 - 49)_Re
20172017 Markyoto Jeremy (9 - 49)_Re



おかめさんにご縁のあるお寺です。

20172017 Markyoto Jeremy (10 - 49)_Re

こちらの宝物館には圧巻の龍と鳳凰のレリーフが施された
7メートルもある太鼓の枠がありました。
仏像も何体もあり、思った以上に見ごたえがありました。
同僚に教えてもらわなかったらたぶん来なかっただろうな。
Tちゃんは一度にたくさんの仏像に出会えて満足そうでした。
よかった!
もっと一緒に観光したかったけれど新幹線の時間もあったので
ここで終了となりました。
Tちゃんとはゴールデンウィークにまた会えたらいいねとバイバイしました。

来年はどうにかして4月に休みを取って
今度こそ素敵な桜の写真を撮りたいです。


********************************

ご訪問ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと↓クリックお願いします。

にほんブログ村
ありがとうございました。o(^・x・^)wニャオン
Comment:0  Trackback:0
2017
04.02

春の京都旅 2日目 姫路&明石海峡大橋

Category: 旅行
京都旅2日目は姫路に行くことにしました。
頑張って9時過ぎには姫路に到着。
タクシーで好古園を目指します。

好古園は姫路城の南西にあってテーマにそったお庭を一度にたくさん見ることが出来ます。

入るとまずこの景色。

20172017 Mar29 Himeji (1 - 89)_Re



朝一番だったので誰もいません。

20172017 Mar29 Himeji (3 - 89)_Re



さりげなく咲いています。

20172017 Mar29 Himeji (12 - 89)_Re




かわいい梅の花。

20172017 Mar29 Himeji (13 - 89)_Re



やってきました姫路城。
12年ぶり2回目。
前回は亀山本徳寺に移築された新選組の屯所を見た後だったので
閉城間際にサクッと見ておしまいだったのです。
今日は時間たっぷり、ゆっくり見るぞ。

20172017 Mar29 Himeji (18 - 89)_Re



この旅、門と縁があります。
姫路城は門ばかり!

20172017 Mar29 Himeji (19 - 89)_Re



ここからが遠い!
近くに見えるのになかなか本丸に届きません。

20172017 Mar29 Himeji (22 - 89)_Re



優美です。

20172017 Mar29 Himeji (24 - 89)_Re




20172017 Mar29 Himeji (25 - 89)_Re



油断すると狭間から攻撃されます。

20172017 Mar29 Himeji (32 - 89)_Re



本丸までぐるぐる回っていきます。

20172017 Mar29 Himeji (34 - 89)_Re




20172017 Mar29 Himeji (40 - 89)_Re




やっと入り口にたどり着きました。

20172017 Mar29 Himeji (43 - 89)_Re



平日にもかかわらず観光客は多く11時と11時半には
入城規制のアナウンスが入っていました。
早く来て正解です。


外観は優美なのに中は無骨です。
実際武器収納の棚が至る所にありました。

20172017 Mar29 Himeji (47 - 89)_Re



破風の内側はこんな風になっています。

20172017 Mar29 Himeji (51 - 89)_Re




梁はごつい!

20172017 Mar29 Himeji (52 - 89)_Re





20172017 Mar29 Himeji (55 - 89)_Re



スキップフロアみたい。

20172017 Mar29 Himeji (56 - 89)_Re



城の出口に忍者がいて切られました。
ひとりだったから苦笑い。

角度を変えて見てもかっこいい!

20172017 Mar29 Himeji (59 - 89)_Re



お城の最高峰!

20172017 Mar29 Himeji (62 - 89)_Re



西の丸も堪能しました。

20172017 Mar29 Himeji (67 - 89)_Re


お土産の玉椿を買って次の目的地へ行きます。

京都に戻る途中下車してジュリエッタの同腹の兄弟猫
チャチャマル君のオーナーさんと会う約束をしていたんです。
何と初対面!改札で感動のご対面です。

天気も良く暖かかったので明石海峡大橋を眺めながらおしゃべりに花を咲かせました。

20172017 Mar29 Himeji (72 - 89)_Re



橋の向こうは淡路島。

20172017 Mar29 Himeji (73 - 89)_Re




世界一のつり橋だそうです。

20172017 Mar29 Himeji (74 - 89)_Re



この風景、シアトルと似ています。
お隣神戸市はシアトルと姉妹都市なんですって。

20172017 Mar29 Himeji (75 - 89)_Re





20172017 Mar29 Himeji (79 - 89)_Re




橋の中に行けるというので行ってみました。
高いところは平気な方ですがこのスケルトンは怖い!
絶対落ちないとわかっていながらも怖すぎてはしっこわたりました。

20172017 Mar29 Himeji (81 - 89)_Re



人の手でこんなに大きな橋を架けられるなんてすごい!

20172017 Mar29 Himeji (84 - 89)_Re



ピュージェット湾と言われても違和感ない(笑)

20172017 Mar29 Himeji (87 - 89)_Re



天国のような景色でした。
時間があったら夕日が沈むところも見たかったな。

20172017 Mar29 Himeji (88 - 89)_Re

チャチャマルくんのお母さんとは初対面でも楽しくお話できました。
あっという間の3時間。
なかなか会えない距離に住んでいますがこういう機会を設けてくださって
とっても嬉しかったです。
帰る時間になってお別れする時には悲しくて涙が出ちゃいました。
いつかK君と来たいです。
その時にまたお会いしましょうね!

京都に着いたのは7時くらい。
一休みして夕食を食べに行くにも祇園まで行く元気がない。
伊勢丹の上でラーメンを食べよう!とますたにへ向かいました。
銀閣そばにあるますたにには何度か行ったことがあります。
8時過ぎだから少しは空いているだろうと思いましたがとんでもない!
40人くらい並んでいたので結局入れたのは9時過ぎ。
こんな遅くにラーメンなんて美容に悪いじゃないか~~~!
と心の中で叫びつつおいしくいただきました(笑)

3日目に続く。


********************************

ご訪問ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと↓クリックお願いします。

にほんブログ村
(=゚-゚)ノニャーン♪ ありがとうございました。
Comment:0  Trackback:0
2017
04.01

春の京都旅 1日目其の2 心の目で見る

Category: 旅行
隋心院から東西線に乗り御金神社にお参りしに行きました。
去年の春初めてお参りして2回目。
そのころはまだ参拝している人も少なかったのですが
今回は狭い境内にたくさんの方がお参りしていました。

20172017 Mar 28 Kyoto (49 - 87)_Re

こちらではお財布と御朱印をいただきました。
受付の方(宮司さん?)はとっても物腰の柔らかい人で
こちらの方が恐縮してしまうほど。
ほんわかします。


**


以前は事前に申し込まないと拝観できなかったのですが
年間通して一般に開放されたと聞いたので御所に行くことにしました。
ナンバーが書いてあるプレートをもらって手荷物検査をしたら入れます。
まず驚いたのが無料ということ。

20172017 Mar 28 Kyoto (50 - 87)_Re



そして門の偉大さを知る。

20172017 Mar 28 Kyoto (52 - 87)_Re

御所は天皇が住むところ。
その方のための門の豪華さと言ったら…。
ため息が出ました。
今までに味わったことのない感覚です。

御所というと私の中では大和和気のあさきゆめみしの
豪華絢爛絵巻を思い浮かべますが実際の色彩は茶色、白、緑の三色。
おとなしめな印象を受けました。


車寄せの屋根。

20172017 Mar 28 Kyoto (53 - 87)_Re


屋根にも圧倒されました。
とにかく門と屋根のすばらしさに目を見張りました。
今までどんな建物を見てもここまで感動したことはないかもしれません。


こちらは新しい車付け。

20172017 Mar 28 Kyoto (55 - 87)_Re

憧れはベルサイユ宮殿のキラキラさでしたが
そぎ落とされた美しさの再発見が出来ました。
清められた凛とした空気が流れているように感じました。



紫宸殿

20172017 Mar 28 Kyoto (59 - 87)_Re




お庭は派手さはないけれど重厚感があります。

20172017 Mar 28 Kyoto (63 - 87)_Re

五箇条の御誓文を発布した場所でもあるそうです。
とにかく歴史すきな私には(特に幕末)いろいろ複雑な思いが寄せてきました。




20172017 Mar 28 Kyoto (67 - 87)_Re

このころにはぽつぽつ雨が降ってきました。
ランチもまだだったのでちょっとはやい夕食をと河原町まで出ることにしました。
前から気になっていた志る幸に行ってみることにしました。
ここは白みその味噌汁が有名で昔から雑誌に載っていたんです。
人気のお弁当をいただきました。
味はいいんだけれど値段とそぐわないし変な席割をされたから
2回はないかなと思いました。

なんとなく消化不良だったので祇園小森で抹茶パフェを食べに行きました。
ここでは私の定番、抹茶ババロワパフェを選びました。
黒蜜も頼めばよかったけどやめておいたらこれが失敗のもと。
アイスの下にババロワ。あんこ、シフォンケーキ、寒天なんかが入っているのですが
ぱさぱさでまずかったです。
店の味が落ちたのか、私の舌が大人になたのか。
フルーツパフェのほうがおいしいと思ってしまう始末。



鴨川もツルンとしています。

20172017 Mar 28 Kyoto (70 - 87)_Re




祇園白川もツルン

20172017 Mar 28 Kyoto (71 - 87)_Re


**


一度ホテルに戻って一休み、の後は歩いて東寺へ向かいました。
八条口から15分もしないで着くのでバスや電車を使うよりさっくり来れます。

20172017 Mar 28 Kyoto (72 - 87)_Re



京都の夜ってなんだかワクワクします。
よく見ると堀に鳥がいます。

20172017 Mar 28 Kyoto (74 - 87)_Re




あ~やっぱりここもつぼみが固い。

20172017 Mar 28 Kyoto (76 - 87)_Re



ライトアップされて境内が華やか。

20172017 Mar 28 Kyoto (77 - 87)_Re



息ながら極楽にいる気分になります。

20172017 Mar 28 Kyoto (78 - 87)_Re



荘厳に見えます。

20172017 Mar 28 Kyoto (80 - 87)_Re

夜はお堂の中に入れないので外から拝見することになります。
講堂の21体の仏像なんて今にも動き出しそう!
ナイトミュージアムみたいで何度来ても素敵なんですよね。



池の周りには桜の木。

20172017 Mar 28 Kyoto (84 - 87)_Re



五重塔を見ると浅草の人形焼きを思い浮かべてしまいます(笑)

20172017 Mar 28 Kyoto (87 - 87)_Re


こうして心の目を養う旅1日目は終了します。
明日は○○まで足を延ばすこととなるのでありました。



********************************

ご訪問ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと↓クリックお願いします。

にほんブログ村
ありがとうございました。o(^・x・^)o ミャァ♪
Comment:0  Trackback:0
2017
03.31

春の京都旅 1日目 其の1 心の目で見る 

Category: 旅行
今年も京都に桜の写真を撮りに行ってきました。
昨年は23日から1泊で桜は1~2分咲、今年は5日ずらしました。
4月だと休みが取りづらいのでギリギリの選択です。

一人旅だったのでいつもより遅い新幹線で出発です。
富士山キレイ!

20172017 Mar 28 Kyoto (2 - 87)_Re

11時くらいに京都駅に着きました。
普段この時間に京都駅付近にいることがないのであまりの人の多さにびっくり!
3日分のバスカードを買ってから移動開始。
手始めに醍醐寺に行ってみることにしました。
ここでちゃんとアクセス調べておけばよかったんですが
何度も行っているので安易に東西線でいいかと烏丸線から乗り継ぎましたが
JRからの東西線の方が早かったみたいです。
タイミングよくコミュニティバスが来たので歩く手間が省けました。

醍醐寺に着いて枝垂れさくらが迎えてくれました。
つぼみは固く咲くそぶりもありません。

((((;゚Д゚))))))) さくらで一杯のはずだったのに。

20172017 Mar 28 Kyoto (4 - 87)_Re

この時点で京都の桜を諦めた私でありました。
というのも昨年でさえ咲いてな~いとあきらめモードだったにもかかわらず
1本満開の桜の木を見つけてそのあと数か所で愛でることが出来ました。
でもここはどの木もツル~ンとしています。

もう仏像に賭ける(笑)
以前来た時素敵な仏像がいました。
重要文化財でない如意輪観音坐像です。
柔和な表情に一目惚れ。彼に会うしかありません(爆)

ここから枝だけの桜の木が出てきますが
想像力を働かせ心の目で景色を楽しんでください。

20172017 Mar 28 Kyoto (5 - 87)_Re

こういう枝垂れもピンクのはずだったんだけどな。
さくらは生ものだから毎年の開花予想は難しいと言っていましたが
大体9日前後が見ごろと聞きました。
ただ人混みも相当すごいらしく人を見に来たのかと思うほどだそうです。


晴れていたらもっときれいに撮れたと思います。
残念な曇り空。

20172017 Mar 28 Kyoto (10 - 87)_Re



豊太閤花見行列はこの門から出発するそうです。

20172017 Mar 28 Kyoto (11 - 87)_Re



咲いていたらさぞ見ごたえのある枝垂れなんでしょうね。

20172017 Mar 28 Kyoto (12 - 87)_Re



境内の裏側に行くともしかして咲いているかもと教えてくださったので行ってみました。
そこには梅の木が。まだ梅が咲いているんです。

20172017 Mar 28 Kyoto (13 - 87)_Re



川津桜らしい。
やっと桜に会えました。

20172017 Mar 28 Kyoto (15 - 87)_Re



可憐です。

20172017 Mar 28 Kyoto (16 - 87)_Re





20172017 Mar 28 Kyoto (18 - 87)_Re



もう一度梅に目をやると目白ちゃんがいました。

20172017 Mar 28 Kyoto (21 - 87)_Re



梅と目白って最高のコンビです。

20172017 Mar 28 Kyoto (23 - 87)_Re



宝物館の枝垂れさくら。

20172017 Mar 28 Kyoto (26 - 87)_Re


無事如意輪観音坐像を拝見することが出来ました。
あ~幸せ。


さらに奥へ進みます。

20172017 Mar 28 Kyoto (30 - 87)_Re



立派な五重塔です。

20172017 Mar 28 Kyoto (32 - 87)_Re



・・・桜の気配はまるでなし。

20172017 Mar 28 Kyoto (35 - 87)_Re



**


醍醐寺から歩いて小野小町ゆかりの隋心院へ向かいます。
3月の最終日曜日にはねず祭があるとあったので
きっとまだ梅は咲いているはずと期待を込めて訪ねてみることにしました。
桜には見切りをつけて梅にシフト(笑)

20172017 Mar 28 Kyoto (36 - 87)_Re



梅のつぼみは雛あられみたいです。

20172017 Mar 28 Kyoto (40 - 87)_Re





20172017 Mar 28 Kyoto (41 - 87)_Re



梅園は盛りを過ぎた梅の花。
どっちつかずの中途半端な時に来てしまったとちょっぴり後悔。

20172017 Mar 28 Kyoto (44 - 87)_Re



八重の紅梅が好きだけど一重の白梅は可憐でかわいい。

20172017 Mar 28 Kyoto (45 - 87)_Re



私が通っていた幼稚園はもも組とうめ組がありました。
うめ組なんて渋いでしょと子供心に思っていたけれど(白梅しか知らなかったからね)
こんなにかわいいならうめ組でもよかったかも。←弟はうめ組だった(笑)

20172017 Mar 28 Kyoto (48 - 87)_Re


其の2に続く。



********************************

ご訪問ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと↓クリックお願いします。

にほんブログ村
ありがとうございました。o(^・x・^)wニャオン


Comment:0  Trackback:0
2017
03.21

突発的に永平寺&丸岡城

Category: 旅行
K君と休みが重なりました。
いちご狩りに行きたいから場所を決めてほしいと伝えたら
なぜか永平寺&丸岡城へいくことになっていました(笑)


永平寺は20年ぶり2回目。
前回はまだ御朱印を集めていなかったのでもう一度お参りしたいと思っていました。
7時半くらいに着きましたが参詣は8時過ぎにということで車中で時間をつぶします。

2017Eiheiji 2017 03 21 (1 - 41)_Re



晴れていたらよかったけれど雨だと情緒があります。

2017Eiheiji 2017 03 21 (4 - 41)_Re

御朱印をお願いしてすぐ座禅体験をしました。
座禅の組み方をおしえていただいて実際するのは1分ほど。
目は閉じるものと思っていましたが実際は開けているそうです。


格調高い和室。

2017Eiheiji 2017 03 21 (5 - 41)_Re



朝早いから誰もいません。
ほぼ貸し切り状態。

2017Eiheiji 2017 03 21 (10 - 41)_Re



永平寺といえばこの廻廊。
The 漢の寺、です。

2017Eiheiji 2017 03 21 (12 - 41)_Re




2017Eiheiji 2017 03 21 (18 - 41)_Re





2017Eiheiji 2017 03 21 (24 - 41)_Re




雨が降っていたので開いているところは雨除けをかけていました。

2017Eiheiji 2017 03 21 (26 - 41)_Re



立派な山門です。

2017Eiheiji 2017 03 21 (29 - 41)_Re



静かな時間が流れていきます。

2017Eiheiji 2017 03 21 (30 - 41)_Re


**


永平寺から車で約30分で丸岡城につきます。
現存天守で一番古いそうです。
石垣がコロコロ積んであります。

2017Eiheiji 2017 03 21 (35 - 41)_Re



伝説ではこの石垣に人柱が埋まっているとか。
あなおそろしや。

2017Eiheiji 2017 03 21 (36 - 41)_Re

桜が咲いていればよかったんですが…、
下見です。下見。


2階。

2017Eiheiji 2017 03 21 (38 - 41)_Re



私史上最高に急こう配な階段(笑)

2017Eiheiji 2017 03 21 (39 - 41)_Re



気分は殿様!

2017Eiheiji 2017 03 21 (40 - 41)_Re

車中12時間、滞在3時間という突発的な旅でしたが
ずっと行って見たいところだったから楽しめました。
長野に入ってから外の温度は1度、雨が雪に変わっていました。
帰るのに必死で寄りたいサービスエリアにも寄れず(笑)
K君、また連れて行ってね。


********************************

ご訪問ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと↓クリックお願いします。

にほんブログ村
ありがとうございました。(=´∇`=)にゃん
Comment:0  Trackback:0
back-to-top